TOKYO MY STORYとは【ウェディング編】

TOKYO MY STORY プロデューサーの清水温子(しみずあつこ)です。
やっと自分の思い描いていたコトをサービスとしてリリースすることができました!
その名も”TOKYO MY STORY”(東京マイストーリー)
“君とのある日を物語に”をコンセプトとした思い出をカタチに残すサービスです。
このサービスには2つのメイン事業ががあるのですが、今日はその一つ
ウェディング事業に関してお伝えしたいと思います!

 

結婚式はふたりのために挙げてほしい オリジナルウェディングのすすめ

では皆さんに質問です!
結婚式って誰に向けて、そして何のために挙げるものだと思いますか?
家族に今までの感謝を伝えるため、
友人や知人に結婚相手を紹介するため…
などなど様々な答えがあると思いますが
私は間違いなくおふたりの未来のために挙げるものだと思っています。

付き合っていた長さにかかわらず
その日が夫婦として一緒に歩み始めるスタート地点。
そのスタート地点である結婚式は、おふたりの間に何かがあった時に
それぞれが立ち帰れる場所であって欲しいと私は思うのです。
しかも、いつでも気軽に。

じゃあいつでも結婚式を思い出すにはどうしたらいいのだろう?
そんな想いから生まれたのがこの“TOKYO MY STORY -WEDDING-“です。
私たちがお届けするのはおふたりの大切な思い出や言葉をコンセプトとした
オリジナルウェディングブックやオリジナルペーパーアイテム。
出会った時のこと、旅行での一言、プロポーズの時にもらった手紙など
おふたりからのヒアリングによって集まったたくさんのピースをうまく組み合わせ、
世界に一つしかないコンセプトストーリーを描きます。
それをデザインや言葉を使ってペーパーアイテムへと落とし込み
おふたりのことがぎゅっと詰まったオリジナルのアイテムへと仕上げます。
こうすることで、大切な想いと結婚式の幸せな思い出とが手に取れる形で残り、
いつでも気軽に思い出すことができるのです。

また、おふたりのことがぎゅっと詰まったペーパーアイテムは
ゲストにおふたりのことを深く知ってもらえる一つのツールにもなるうえ
結婚式に呼べなかった方や遠方の方への結婚報告書としてもお使いいただけます。
そして家族(特にお父様お母様)へのギフトにもなります。
実際に私も自身の結婚式の時に、主人と私、そして息子の3人のストーリーを基に
アイテムを作りましたが私以上に母がとても喜んでいたのを覚えています。
 
ゲストのためではなく未来のおふたりのために
私たちはペーパーアイテムを作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

FIRST TRIP|品川区