たまにはママだって休みたい!次男がくれた思いがけないプレゼント

テレビ大好き映像クリエイターのパパと機械オンチなイラストレーターのママ、いつもちょけてる陽気な長男(3歳)とマイペース炸裂な次男(1歳)の4人暮らし。そんな大野家のおもわずクスッとしちゃう日常をイラストでお届けします!

今回のテーマは「次男からのプレゼント」。
この春から長男は進級、次男も保育園に入園し新生活をスタートした大野家。新しい環境に戸惑い毎日グズグズで甘えん坊モード全開の長男と悪戯ざかりで目が離せない次男。そして毎日大量の荷物を抱えての送迎に…と母は疲労困憊。
「もう何もしたくない!」と嘆く母に、次男が差し出したものは…?

それでは続きをご覧ください♪

きょうの大野家「次男からのプレゼント」

この後作った晩ごはんはお皿と一緒にぶちまけられました。

 

「疲れた〜!もう何もしたくない〜!」
これ、最近の私の口癖です。笑

4月に次男の保育園生活が始まりどうなることかとヒヤヒヤしていたものの、そこはやっぱり基本マイペースな次男。
親の心配を横目に全く動じることなくびっくりするほどあっさりと保育園生活に馴染んでいました。
なんなら大泣きするお友達の頭を撫でて、先生と一緒になってあやしていたとのこと。つ、つよい。。。

一方、思いがけず大変だったのは長男。年少クラスになり担任の先生が3人から2人に減り、また新しいお友達も増えて環境がガラッと変わったからか過去最大レベルのグズグズモード。
毎朝「ママと保育園行きたいの!」と泣き叫び、お迎えに行けば「ママ抱っこして!」と甘えん坊モード全開、パパがお風呂に誘えば「ママがすき(好き)ーの!パパきらい!!」とパパの心を粉々に粉砕し(そしてお風呂でもずっと大泣き)、寝かしつけの時には「はるくんがママ!ゆうくんはパパでしょ!」と弟を押し除け常に私の隣をキープ。

普段温厚で優しい分、長男のこの変化には夫も私もびっくり。
きっと長男も環境が変わって寂しかったりする中、本人も葛藤と戦いながら頑張っている最中なんだろうな…と思い見守っていたのですが、何をするにも怒って泣いて…という感じだったので、夫も私も精神的にも疲弊してしまっていました。

そんなある日、いつも通り保育園にお迎えに行くとその日も長男は全く歩かず抱っこモード全開。次男も抱っこ紐から抜け出したくて暴れるし、そして週末のお持ち帰りの荷物でパンパンな2人分のリュック。しかもその日は雨で自転車が使えず、雨の中バス停から家まで傘をさし、大量の荷物とおチビちゃん二人を抱えるようにして帰宅。
いつもなら帰宅してすぐこども達の食事の支度を始めるのですが、その日はもう帰宅しただけでクタクタ。
さっきまでの暴れっぷりはどこへいったのか、ご機嫌で遊ぶこども達。そんな彼らを横目に床に寝転がり「今日はもう何もしたくない…ごはんも作りたくない…」と完全なる無気力状態でした。

するとそれまで大人しく遊んでいた次男が急に近寄ってきたかと思うと、おままごとセットをひっぱり出し、シリコンカップにおもちゃの野菜をたくさん詰め込み始めました。
カップがいっぱいになると「どうぞ!」と私に向かってカップを差し出し、「食べて!」と言わんばかりに見つめてくるのです。

「ママの代わりにごはん作ってくれたの?」と聞くと、はーいと手を挙げてお返事。その様子に疲れていたこともすっかり忘れて笑ってしまいました。
すると長男も寄ってきて、「ジュースいれてあげるね!」と今度はジュース屋さんが登場。メロン、キウイ、レモン、パイナップルにイチゴ…おなかがタプタプになるくらいたくさんのジュースを作ってくれました。

母としては疲労困憊状態で放った何気ない一言だったのですが、息子達の思いがけない優しい反応にちょっとほっこり。それまでどんよりしていた気持ちが、ふっと軽くなったように感じました。
子育てしているとなかなか自分のペースで動けず大変なことも多いですが、大変さの元がこどもたちなら、癒してくれるのもこどもたちなんだよな〜と改めて感じた出来事でした。

その後作った晩ごはんは次男にお皿ごとぶちまけられ、そして長男も多少落ち着きを取り戻したもののまだまだ甘えん坊モード継続中で気苦労の絶えない日々は続いていますが、いざとなったら優しく癒してくれる2人のおかげでなんとか今日もママ頑張ってます。笑

 

「きょうの大野家」前回の記事はこちら♪

きょうの大野家番外編「等身大フォトアルバム撮影してもらいましたレポ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA